NISA 資産運用

【運用実績】つみたてNISA〜2020年2月度〜

【運用実績】つみたてNISA〜2020年2月度〜

こんにちは。kasaです。

先日こんなツイートをしました。

はい。コロナウイルスの影響でつみたてNISAの口座がかなりダメージを食らっている状況です。

【投資信託の話】#つみたてNISA で毎月66,666円を積み立てていますが、#Coronavirus の影響で資産がマイナス15%となりました。

大きすぎる痛手です。

ただ、つみたてNISA組の我々は安値の今は同額で多量の口数を買えるチャンスでもあります。いまはぐっと耐えてみるのも一つの手です。#コロナ

Twitterではざっくりの状況を書いて見ましたが、今回はコロナ影響をモロに受けているつみたてNISAの運用実績についてまとめてみます。

コロナ影響で資産が減少している同志の方々へ勇気付ける記事になればと思います。

2020年2月末の積立NISAの資産運用実績

それでは早速、2月末時点でのつみたてNISAの運用実績について見てみましょう。

最初に言っておきますが、かなり状況はよくないです。

現状のつみたてNISAの運用は下記のような状態です。

  • 積立総額:900,005円
  • 評価額:906,961円
  • 損益額:+6956円(+0.77%)

これまで損益は10%に届くか届かないかで推移していましたが、コロナ影響をモロに受け、±ゼロまできてしまいました。コロナ影響の株価の推移を見るとまだまだ下がりそうなので、今月中には損益がマイナスに行くと思います。

2月度資産運用の推移

2月1日時点の運用実績

まずは振り返りとして、先月度の運用実績をみてみます。

2020年2月1日時点では下記状況になっていました。

  • 積立総額:836,675円
  • 評価額:902,169円
  • 損益額:+65,494円(+7.83%)

実は2月の月初においてもコロナ影響を受けており、少しずつ評価額は下落していました。

まとめた記事がありますので、貼っておきます。

2月14日時点での運用実績

コロナ影響が消え始め、少し評価額が戻り始めた際の損益になります。

2月14日時点で見てみると、運用状況は下記の状況になっていました。

  • 積立総額:866,675円
  • 評価額:950,124円
  • 損益額:+83,449円(+8.77%)

今思えば、このタイミングまでは順調に年利5%超で上手く運用できていました。。。

この時の運用実績についてまとめた記事がありますので、貼っておきます。

【株価が下がった今やってはいけないこと】今やめたら試合終了

現在、株価が爆下がりしていますが何も考えずに今売ってしまうのはお勧めしません。特に積立で購入している場合は売ることをお勧めしません。

なぜなら、積立で購入している場合はドルコスト平均法を用いていますので、期間が長ければ長くなるほど株価変動のリスクを分散する事ができるからです。

今株価が下がっていても気にする必要はありません。

いざ株価を売却する際に、株価が上昇していれば◎です。

一度下がった方がドルコスト平均法の恩恵をさらに受ける事ができます。

ドルコスト平均法ではなぜ一度株価が下がった方が得をするのか、以前まとめた記事がありますので、興味がある方は確認して見てください。

まとめ

以上が2020年2月末時点でのつみたてNISAの運用状況になります。

2月初旬からコロナ影響を受けたものの、2月中旬に一度持ち直し、2月末で大暴落といった流れです。

コロナ影響をモロに受け、現在の評価額は爆下げしていますが、私はグッと堪えようと思います。

資産運用しているみなさんも、この難局を共に生き抜いていきましょう。

  • この記事を書いた人

kasa

アラサー男|第一子誕生➡︎教育費(1400万)に不安絶頂➡︎資産運用開始(今ココ)|パパママさん一緒に頑張ろう |「日本の貯金低下➡︎資産運用率UP」を企みブログ始動|ホワイト企業(年収550万)×ブロガー(初月4桁達成)の二刀流|資産運用・節約術が投資初心者&パパママさんに届きますように|

-NISA, 資産運用

Copyright© kasablog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.